るんるん訪問ありがとうございまするんるん


コメントは承認制です。とくに雷アダルト関係雷の方々、未表示のまま削除するので書かないで下さい。削除処理が非常に面倒なのでむかっ(怒り)

2009年02月05日

耳かき…。


グズりだした智チンが寝返りで苦しそうになったら戻してあげてと颯ちにお願いし、たまに見廻りながら、夕食の支度中。

泣いていた智チンが泣きやんだ。

再び泣き出したら…泣き方がなんか変。
イヤな予感がして急いで見に行くと…。
うつ伏せになって泣いてる。
慌てて抱き上げる。

…口に耳かきが。
うわぁ!!

耳かきを取り、口の中を確認。
喉奥から血が出て、口の中に血が少し溜まっている。
取りあえずかかりつけの小児科に行こうと電話。
でも耳鼻科の方がいいというので市の救急センターで病院を検索してもらう。

「あ〜市内の耳鼻科は今日はどこも休みだね〜。岩槻の総合病院か、庄和町の耳鼻科か。小児科ならいくつかあるけど。」
う…遠い…。
しかも小児科には電話済と言ったのにぃ。

電話してる間にだいぶ落ち着いてきた。
でも、破片が刺さっていないとも限らない。
目視出来ない以上、やはり診てもらわないと。

仕方なくもう一度かかりつけの小児科に電話。
救急センターとのやり取りを伝えると、受付でも市内の耳鼻科をあたってくれるとのこと。
名前を言うと。
「もしかして、ともひろクンですか?」
開院したばかりの時、体重計に乗せたらオシッコをかけてしまった看護助手さんで、それ以来行くたびに顔を見るだけで名前を呼んでもらっているから、すぐピンときたらしい。
折り返しの電話で一ヶ所遅くまでやっていて比較的近い耳鼻科を見つけてくれた。
かかりつけって、やっぱり大事だわ〜。

すぐ受診。
「9時頃になりますが大丈夫ですか?インフルエンザの方がたくさんいるので混んでいますので。」
え…あと2時間半もある。
大丈夫かどうか聞かれても…こっちが聞きたい。
「緊急性があるのかないのか判断出来ないですけど…赤ん坊が喉に耳かきを刺してもすぐに診なくて大丈夫なのであれば待ちますけど…。」
ちょっと食い下がってみる。
万が一、手遅れになったら大変だし受付の判断じゃなく、一応先生に確認だけでもしてもらいたいなぁ…。
逆にそこまで緊急性がないなら、パパももうすぐ帰宅するし颯ち達に食事させて出直したいんですが。

「…ちょっとお待ちください。」
しばらく中に入り。
「早めに診てもらいますのでそちらでお待ちください。」
よかった…。
落ち着いてるとはいえ、心配だもんね…。

30分待ち、診察。
「内視鏡で喉奥を確認しますね。以前問題になった割り箸事件のお子さんは喉を突き破って脳に刺さったので。」
「はい…。」
どうしよう。

…。
…。

「よかった。穴はあいていますが、大丈夫でしょう。薬はつけられない場所なのでこのまま帰宅して大丈夫です。」

…ふぅ。
ホントによかった…。

油断大敵。
やはり目を届かせないとダメかな…。
でも、オンブしながらだと良くなってきた腰の痛みが再発しそうだし。
ベビーラックで玄関に置くのは寒そうだし。
うまくいかないな〜…。

取りあえず家の中の見直し&颯ち達への注意をしなければ。
あと。
耳かきを片付けないパパへの再教育も、かな。
posted by pamuyumi at 13:05| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Today's 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「のほほんな育児にっきをお気に入りに登録」 by BlogPeople

QRコード
↑この日記のQRコードです♪
メルマガ&メッセージ