るんるん訪問ありがとうございまするんるん


コメントは承認制です。とくに雷アダルト関係雷の方々、未表示のまま削除するので書かないで下さい。削除処理が非常に面倒なのでむかっ(怒り)

2006年01月16日

少子化対策 −その後の反響。

今回の報道を聞き、出産を控えてたのでたまたま喜んだけど。
(対象外だからすぐ撃沈したけど)
だいぶ反響が多いようで、私のとこにもいろんな方からたくさんTBをもらった。

確かに無料化だけで少子化に歯止めがかかるならとっくに止まってるんだろな。
出産時だけでなく出産後の問題について「これ!」ってものもなく山積みのまま。

企業へのワーキングママに対する理解・改善も完全に対応できてるとは到底思えなく。
たとえ会社として理解を示していても、他従業員の理解も得なければ結局プレッシャーで辞めてしまうママさんも少なくないと思う。
残業しないと仕事ができないほど、コスト削減により人手がたりず、同僚に負担がかかり不満が出たり。
事実、私もそれを恐れて出産前に退職した1人だから。
とてもいい会社だったけど、育児両立となると厳しい環境なのを感じた。

まだまだ男性社会というのも大きいのだろな。
パパさん&未来のパパさんが集まってる訳だから、会社で理解できてないってことは家庭でも理解できてないんだろし。
男性がメイン女性がサブって考え方を変えていかないと。

友人情報では職探しの際、「育児中だと残業不可」「子供の病気や行事で早退、休暇をとる可能性高」があるから不採用だったとか。
そうなると金銭的にも厳しいからやはり1人で様子を見ようとか、1人でイイやって考える場合も。

また、晩婚化で2人目を出産する頃には再就職先が年齢制限で不可の場合もある。
うちは何にも考えず作っちゃったけど、2人を育ててくためにはやっぱり仕事をしないとやってけない。

無料化するにも他の対策するにも、予算をムダ建設や役人の使い込みから取って欲しい。
間違っても家計にさらなる多大な負担をかけることだけはやめて欲しいなー。
それじゃ本末転倒だもんね。

どちらにしても当分まだまだ少子化解決とはいかないようね・・・。
posted by pamuyumi at 16:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Today's 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大きい不満とかを対策すればよかった?


Posted by BlogPetのうさかめ at 2006年01月18日 09:28
きょうは、pamuyumiは出産したかったみたい。
Posted by BlogPetのうさかめ at 2006年01月25日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「のほほんな育児にっきをお気に入りに登録」 by BlogPeople

QRコード
↑この日記のQRコードです♪
メルマガ&メッセージ